with はむらび
キャンベルハムスター(ポコ太)の日常
いつまで待っているんだ?
砂浴びしている所をストーカーしていたら、気付かれ、
慌てて、砂浴び場から出て来るポコ太

20171115-po1.png

何か美味しいモノでも貰えると思ったのでしょうか。
物凄いスピードで、こちらへ駆け寄って来ました。

20171115-po2.png

暫し、見つめ愛
たまらなく可愛いので「おいで~」と手を差し伸べるが・・・・・・・

20171115-po3.png

一向に手に乗って来ない

20171115-po4.png

この間、ポコ太の視線は私に向けたまま。
何か訴えているんだよね。
そう。自ら手に乗るのではなく、抱っこして欲しいのだ

ポコ太に100%懐かれているりょ~たろ~さんが同じように
手を差し伸べると、待つ事なく、すぐに手に乗って来るのですが、
私の場合だと、たまに乗って来るのですが、大半は、このように
すぐには、乗って来ず、抱っこを待っています。
抱っこと言っても、ケージから連れ出す時は、大福をつまむように
「むにゅ」っと、鷲掴みする事が多いが、これをポコ太は嫌がらない。
うちに来て間もない頃は、さすがに鷲掴みをしようとすると、
逃げてましたけど、今ではすっかり慣れっこになったようです

待っても手に乗って来ないので「来ないのね?ならもうバイバイだよ」
と言って、私は、その場を離れるのですが・・・・・・・

20171115-po5.png

と、まだ待っているんです。

んもぉっ、んもぉっ、可愛過ぎるやろぉ~

この後、ポコ太を「むにゅ」を鷲掴みして、ケージから連れ出し、
「可愛い可愛い可愛いねぇ」と、激しく撫でまわした。
って事は・・・・・言うまでもない