with はむらび
9/1 ぽー太は2歳9ヶ月27日のハム生に幕を閉じました。
スネる
ぽー太記事へたくさんの拍手コメントに感謝しつつ、
有難く読ませて頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

今まで旅立った子達の事はすぐには埋葬出来なかったり、
なかなかケージを片付ける事が出来なかったのだけど、なぜだろ?
ぽー太の場合、亡くなった翌日に、埋葬を済ませ、埋葬後、
黙々とケージを片付けた。
淡々と事を進めたせいか、全ての事が終わった後、一気に気抜け
りょ~たろ~さんは、既にぽー太が旅立つ事を覚悟していたらしく、
今までとは違った気持ちで、送り出せたと言ってました。
むしろ、ポリーの突然の旅立ちの方が未だに心残りらしいです。
もっと遊んであげたかった…と。
その点、ぽー太には、やってあげられる事はやり尽くし、ぽー太
好きなように暮らせてあげられた事に悔いはひとつもないと。
私もそんな気持ちではありますが、今はただ、ぽー太に触れたい
ぽー太と遊びたい動くぽー太が見たいってな気持ち。
無理なのにね

でもね、うちには、ぽー太の可愛さとはまだ違う可愛さを持つ
ポコ太がいたのです
ぽー太の分まで、今までに増して、ポコ太を可愛がろう

食いしん坊になってしまったポコ太は、ヒトの気配を察すると・・・・・



即、反応して、今までしていた事をやめ・・・・・

20170907-po2.jpg

と、こちらに寄って来る

20170907-po3.jpg

何かをあげるまで、こうして、おねだりする。

20170907-po4.jpg

つったって、この時、ちょっと前に粟穂をあげているんですよ
ぶくぶく満腹太郎になっても困るので、この時は、スルーしていた。
そしたら、諦めたのか、それとも、おやつをくれない怒りを
暴走して発散するのか、愛車で大暴走

そんな様子を見ていると、急ブレーキをかけ・・・・・

20170907-po5.jpg

まだ諦めぬか。

私がそばにいると何か貰えると思ってしまうので、その場を離れた。
だけど、気になって、チラッと様子を伺うと・・・・・

20170907-po6.jpg



20170907-po7.jpg

スネとる。思いっきり、スネとる

んもぉっ~、ポコ太ってば、やり方がズルいよぅ~
これじゃあ~、何かあげたくなるっつーの