with はむらび
キャンベルハムスター(ポコ太)の日常
ハムスターあるある
りょ~たろ~さんにお外に連れ出されてしまったポコ太



「ケージの中より、広々としたお外に出たのだから、思いっきり、
走って、遊んでみたらどうですか?

ごるなら、こう言わなくても喜んで部屋中を走りまわって遊ぶ所だが、
ポコ太は・・・・・・・
20170622-po2.png

ごるのように部屋散歩はさせていないので、まだ、お外に慣れてなく
のぺぇ~っと、なって、ビビってる感、満載

シュタッタッタッっと、走る事は全くなく、ビクビクしながら、
1~2歩、前に進むだけ

人から離れようとせず、隠れられる場所があれば、そこに
潜り込もうとする。

この時も何度もりょ~たろ~さんのズボンの裾から潜り込んでいた。

20170622-po3.png

今はお外に慣れていないけど、そのうち、ごるのように騒いで
「出せ出せっー」と、アピールするようになったりして

亡きポミン、ぽっくんのように「抱っこして」アピールを
してくれるようになったら嬉しいんだけどなぁ

ドキドキ・ビクビクしているポコ太、りょ~たろ~さんに抱っこされ、
少し落ち着きを取り戻したようだけど・・・・・・・

20170622-po4.png

こんな風に思ってるんじゃないかな?

散々、りょ~たろ~さんにスリスリ~され、
ナデナデ~ベタベタ~触られ、お家に帰ると真っ先に・・・・・・・

20170622-po5.png

砂場で、すってんすってん

ヒトに触られて、お家に帰ると真っ先にこのようにすってんしたり、
毛繕いを始めると、こちら側としては、ショックなのですが、
この行動は『ハムスターあるある』だと思います

20170622-po6.png

「涼しいお顔して油断してると、
また、スリスリ~ナデナデ~ベタベタ~する人が現れるわよぉ