with はむらび
2歳6ヶ月になったぽー太♪歳に負けず、のんび~り過ごして欲しいな(*˘︶˘*)
浮き沈み
2月24日のぽー太の朝の様子は前記事に記した通りで
私の気持ちもアップしたのですが、この日の晩は、21時頃に
お外に出て来て、暫くは、険しい顔をして休んでる時間が多く、
今まで安定していた呼吸(鼓動)が速かった。
しかし時間が経つと共にチャカチャカ坊主になる。
ポリーが現れると・・・・・・・
[広告] VPS

相変わらずだ

しかし、ちょっと気になったので、23時過ぎ、お家に帰す事に。
それでも出せ出せアピールする事なく、すんなり巣箱に入った。

2月25日。
昨夜、ケージの扉を閉めておいたので、休日だとゆ~のに
朝っぱらから、ケージをガッガッする音が
急いで、扉を開けてあげるとお外に出て来たが、すぐにご帰宅。

21時頃、気付くとお外に居たぽー太
この日は、左目が涙目になっていて、目ヤニのせいで、瞼が
くっ付いてしまい、拭き拭きしてあげる。



お外には出て来るが、調子悪そうに見えた。
23時過ぎ、自らお家に帰る。
2月26日。
前日とは違って静かな朝でした。
巣箱から口先だけ出して、おめざを受取る。
ご飯も完食しているし、食欲があるのは救いだ。

21時過ぎ、気付くと、ポリーのケージの上にいたぽー太
しかし、様子を見てみると・・・・・・・

20170226-p1.jpg

こんな風にクツクツ歯軋りをして辛そう。
歴代の子達も晩年、こんな感じだったなぁ
辛いなら、お家で休んでいれば良いのにと、思うが
お外が大好きだから、こんな状況でも出たいのだろう。

暫くすると・・・・・・・

20170226-p2.jpg

「お家に帰って休んだらどおですか?
クツクツ言って、バクバクもするんでしょ?

20170226-p3.jpg

と、何事もなかったのように走り出すんだけど、
ん~・・・・・どうしたもんじゃろのぉ

心配とは言え、あまりしつこく監視されるのも鬱陶しいだろうから
ぽー太の好きなように…ぽー太自身に任せる事にして
私は、ぽー太のそばから離れた。

それから間もなくして、何か視線を感じると思ったら・・・・・・・

20170226-p4.jpg

ぽー太が、私達が居る部屋に居て、見られてた

「あら~んそこに居たのぉ~

20170226-p5.jpg

「ったくぅ~可愛いんだからぁ~

20170226-p6.jpg

写真撮られる事が最近、嫌なのか、視線を外すぽー太

20170226-p7.jpg

そして、この日も23時30頃に自ら、お家に帰りました。

2月27日。今朝。
私よりも先に起きて、朝っぱらから元気に突っ走していたぽー太
夕べとは全く違う動きで機敏
とにかく、走り出したら止まらない状態でした。

まぁ、これが今までのぽー太の姿ではあるんだけど、ここ数日で
体調の浮き沈みが激しくなって来たかな。
心配だけど、ぽー太の時間は、ぽー太の好きなように使わせて、
好きなように過ごさせてあげたいので、私は見守るしかない。