with はむらび
9/1 ぽー太は2歳9ヶ月27日のハム生に幕を閉じました。
一喜一憂
昨日は、いい感じに見えるけど…なんて書いたけど
今日はそうは書けない



こんな風な穏やかな寝顔をずっと見ていたいのだけど昨夜の
ぽっくんの寝顔は巣箱から体を半分出し見るからに辛そうな、
苦しそうな寝顔でした。
それでも私の気配に気付くと起きて寄って来るんだけど・・・・・・・

20150324-pok2.jpg

こんな風に止まったまま昨日の動画のようにアピールして来ない。

抱っこしてナデナデしてあげると目を瞑ってジィ~っとしてる。
抱っこした手を自分の目の前に持って行き、ぽっくんを見ると
ぽっくんは目を開けて私の事を見ているように感じた。
やだっぽっくんったら、お別れ言おうとしてるっ?
と、思った瞬間、私はぽっくんから目をそらした。と、同時にこのまま
抱っこしながらナデナデしていたら本当に逝ってしまいそうだったので
ケージに帰した。だって、まだぽっくんとお別れしたくないんだもん
ケージに帰ったぽっくんは、ひま種、油ぬき卵焼き、きゃべつを
食べて、巣箱に入った。
その後、何度も様子を見に行ったが巣箱の中に入ったまま。
巣箱から出て来ない限り、そぉ~としておこうと思った。

そして今朝、辛そうではあるが、おめざを貰いに起きて来たぽっくん
おめざのウエハースはクリームを舐めただけ。
少しして、ぽっくんの様子を見ると、あ~やっぱり、巣箱から体を半分
出して呼吸が苦しそう。
途中、巣箱から出て巣箱の前で丸まって苦しそうにしているから
思わず、りょ~たろ~さんはぽっくんを抱っこした。
そしたら体をだら~として目を瞑って今にも逝ってしまいそう。

そうこうしているうちに事務所へ行かなきゃいけない時間。
事務所の鍵を開けなきゃ始まらん。
そこで重役出勤なんのその~の自由人りょ~たろ~さんが
このまま一人で逝かせるより手の中で逝ってくれた方がエエわ!
と、ゆ~ので私だけ事務所へ向かった。

そうだよね、ペットをお世話しているほとんどの方が看取りたい
自分の手の中で逝かせたいと思うよね?
以前も書いたけど、私はそれを避けたいヤツなのです。
自分の手の中で旅立っていったコは居たけど物凄く辛かった。
最期はどんな形でも辛いけど看取る程、辛いものはない。
だから逃げたくなっちゃうサイテーな私。
逃げてるクセに気になって何度もりょ~たろ~さんにLINEする。
そして、りょ~たろ~さんからLINEが来る度にドキッとする。

私が家を出た後、ひま種を10個(10個もっ?)剥いてあげたら
少し元気になって来たとの事。
今は普通に寝ているらしいけど・・・・・・・
今日は私が帰るまで、りょ~たろ~さん、家に居てくれないかなぁ

毎度の事だけど、
老はむちゃん、病気のはむちゃんのお世話をしていると一喜一憂。
私が帰った時には元気なぽっくんだと良いなぁ