with はむらび
9/1 ぽー太は2歳9ヶ月27日のハム生に幕を閉じました。
気持ちの変化
ぽんちぃの死からもうすぐ三ヶ月。
ぽんちぃの死は、私の気持ちを大きく変えるものでした。
それは最後に書くとして、今日は、ぽんちぃの未公開写真をご紹介。



っと、うちのごるにしては珍しいポケポケな子でした

ぽーたろーもぽじろーもジッとしてる事が、ほぼ無かったけど、
ぽんちぃは、二人に比べると、ジッと、ボォ~っとしてる事は
多かったかも。
ぽんちぃ」と声を掛けると・・・・・・・

20120611-pon2.jpg

20120611-pon3.jpg

って、マイペース。

「ねぇ、ぽんちぃってばぁ

20120611-pon4.jpg

意外とクール・・・・・とゆ~か、冷めたとこもあってね

20120611-pon5.jpg

一丁前にωぷりぷりして私から逃げ去る事も・・・・・・・。
私から逃げ、行き着いた所は・・・・・・・

20120611-pon6.jpg

りょ~たろ~さんのとこ。

20120611-pon7.jpg

「あぁ
何もうるさくしてないぢゃん。人聞き悪い事、言わないでよっ

20120611-pon8.jpg

「なによっ そ~やって、りょ~たろ~さんの気を引こうとして
したたかな子ねっ

20120611-pon9.jpg

「そ~やって、トボけてちゃって~~~

20120611-pon10.jpg

「うわぁ~~~なにその不敵な笑みは
お主も相当な悪よのぅ~~~

20120611-pon11.jpg

「なんちゅ~ブサいくな顔すんのっ
歯を見せるのは、ヤメろっっっっっ~~~~~

20120611-pon12.jpg

と、りょ~たろ~さんに助けを求めるフリをして・・・・・・・

20120611-pon13.jpg

この場から脱走しようとするぽんちぃなのであった。

「コラっ ぽんちぃ

20120611-pon14.jpg

「可愛い顔してアナタは、やっぱり、したたかな子ですわね

20120611-pon15.jpg

可愛い顔して、たまに見せるしたたかさ、これも二面性があって
なかなか魅力的でしたわ。

と、冒頭の話に戻りますが・・・・・・・

はむ飼い歴も長くなり、今まで何人もの子を見送った。
それでもまた新しい子をお迎えして来た。
多頭飼いしていると一人でも居なくなると寂しくなり、新たな子を
お迎えする事に躊躇しなかったのですが、今は、その気持ちが
全くありません。
ぽんちぃの死によって、その当たり前だった今までの気持ちが
変わりました。
生き物を育てる事、それはどんな生き物でも同じく難しい事ですが、
ごるは本当に難しく、晩年、みんな同じ状況になって亡くなって行く。
ぽんちぃの場合は、若くして旅立ったけど、病院に行けども、
原因不明と言う納得行かない結果で治す事も出来ない。
もうこの繰り返しに耐えられなくなったのが事実。
大切に育てれば育てる程、別れも辛くなるし・・・・・ほんと辛い。
と、言うワケで、今、ごるをお迎えする気は失せてしまいました。
ジャンの闘病で苦労した事ない私は、ジャンならお迎えしたいって
気持ちもあるのですが、そうなると矛盾してる事になるし、ジャンが
病気になったら、これまた今と同じ思いになるのかもしれないから、
こんな気持ちの時は、だ~れもお迎えしないのが一番なのかも。
と、言うワケで、今は、ポミンぽちゃだけを大切にします。
時間が過ぎ、心の底から、またごるをお迎えしたいっ
って気持ちになるまで今は、ちょいと休憩したいと思ってます。