with はむらび
3月14日ポリーが旅立ち、ぽー太ひとりっコになってしまいました
早過ぎる別れ
昨日、仕事から帰宅し真っ先にぽんちぃに流動食をあげた。
今にも消え入りそうな息で、ゆっくり、ゆっくり、少しずつ、流動食を
口にしてくれた。
朝まで開いてなかった左目が開いていたし、腫れも引いて来てたし、
流動食もたくさんでは無いけど、口にしてくれる事から、もしかしたら、
このまま復活してくれるかも!な~んて思いながら、ぽんちぃ
抱っこしながら、流動食をあげ、話し掛けていた。
そんな時は、口元を僅かに動かすだけで、体には、力もなく、
ただただ、私の手に身を任せる状態でした。
がっ、途中から左足をチョイチョイってしたの。
どうやら、耳ら辺が痒いみたいで、でも上手く掻く事が出来ない様に
私には見えたので、私が「ココかな?」なんて言いながら、
掻いてあげてたんだけど、そしたら、今度は、右足をチョイチョイって
やるモンだから、また掻いてあげてたんだ。
私が掻くのをやめたら、もっと掻いて~みたいにアンヨをチョイチョイ
ってやってるから、思わず、笑ってしまったよ。
と、同時にお顔は、ぽんちぃの面影がなくなってしまったけど、
そんな時のぽんちぃは、まさにぽんちぃそのものだった。
なんか嬉しかったわ~。

ぽんちぃ、助けてあげられなくてゴメンね

がっ、喜んだのも束の間・・・・・・・
元々、弱々しい呼吸が更に弱々しくなり、あれ?ウソでしょ?
復活してくれると思ったのに、やっぱり奇跡は起こらないのっ?
なんて思ってる間に、私とりょ~たろ~に看取られ本当に静かに
息を引き取りました。pm6:50頃でした。
1歳1ヶ月25日、なんて短いハム生だったのでしょう。
私は白黒ハッキリさせないと気が済まない性格なので、グレーと
言うのが本当に大嫌い。
だけど、ハムに関しては、毎回、グレーな事ばかりだ。
今回のぽんちぃだって、突然の異変、原因、病名不明と言う事に
もどかしさもあり、グレーのまんまだけど、考えても仕方ない。
短い間だったけど、うちの子になってくれた事に感謝してます。

昨日もたくさんの拍手コメントを頂き、応援して下さった方々には
申し訳ない気持ちではありますか、コメントやメール下さった事に
本当に有難い気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
ちなみに、りょ~たろ~さんは、ご立腹。
なぜかと言うと・・・・・・・
そもそも病院、通院反対派のりょ~たろ~なのですが、今回は、
私と同じく大きな病気では無く、治るものくらいに考えてたので
病院へ連れて行った方が良いと言ったのですが・・・・・・・
行った結果、良くなるどころか、目は酷くなるし、弱ってしまったので
りょ~たろ~は「ヤブ医者」と言い出し怒り心頭。
「病院へ行ったからと言って、そんなすぐには良くならないよ」と
言っても、そんなのりょ~たろ~には通用しない。
これでまた、りょ~たろ~の病院嫌いが増してしまったよ。
病院を責める=私を責めてるって感じてしまい、私もこれには
ストレスが溜まったけど、ま、りょ~たろ~が、そう言うのも
無理は無いと思った。
だって、病院に連れて行っても延命出来た子って今まで
居なかったもん。
病院が悪いとは私は言わないが、やっぱり、もう少し、ハムスターに
関しての医療が発達してくれればなぁ~っと、毎回、思う。
終わってしまった事にブツブツ言っても仕方ないけど、ぽんちぃ
死は、納得行かない事ばかり。謎過ぎて、理解出来ない。

余談ですが、先生は、ほほ袋に何かしらが原因で傷が出来て、そこに
菌が入り炎症してしまったのではないか?との事でした。
そんな事を聞いても、それはあくまでも推測でしか無いので、
やっぱり、グレーのままなのでした。

グレーの気持ちで居ても仕方ないので、明るい気持ちでぽんちぃ
見送ってあげたいと思います。