with はむらび
9/1 ぽー太は2歳9ヶ月27日のハム生に幕を閉じました。
夕べ(2月1日)のぽぽみん
こちらを見て下さってる方は、ご存知でしょうが、
ぽぽみん急激に悪化してしまったようです。
夕べは、雪が降り寒く、暖房をつけてはいるものの、気圧の
変化などは、どうする事も出来ず、一気に悪化してしまったのかも?
肺に水、腹水が溜まってしまったかな?と思い体重を
測らせてもらったが、135g。
呼吸は今までよりも荒く、目も長く開けてる事すら出来ない。
↓この動画は、この時に撮ったものですが、もう復活してくれないと
思った程、辛そうでした。
[広告] VPS

薬も効かなくなってしまったのか、一向に落ち着く気配は見られず。
ケージに帰しても、楽な場所を探しているのか、うろうろするばかり。
ほんの少しだけど、落ち着いて巣箱に入ったのは、23時30過ぎ
夜中は、苦しいのか、また巣箱から出て来て、うろうろ。
自分でも、どうしたら良いのか分からないんだろうなぁ

結局、今朝ぽぽみんは回し車の後ろで休んでいました。
そして、こんな様子ですが、どうか今夜は、ぽぽみんが苦しまず、
静かに過ごせます様に

私はどうしてあげる事も出来ない。
私が出来る事と言ったら、食欲が落ちてるので、口が止まらない様に
ぽぽみんが食べられるご飯を工夫して作ってあげる事くらいだ。
今夜は、ぽんたさんに教えて頂いた特製まんまを作ってあげよっと。
そして食べてくれるものは、オオタン方式で甘やかしで、ぽぽみん
イヤイヤいらないってするまで、スプーンで食べさせてあげゆ
だから、ぽぽみんもこんな時だからこそ、私に甘えてくれっ
な~んて言うと、りょ~たろ~しゃんの方がイイでちゅわ~って
言われそうだけど

元気がないぽぽみんの姿を見るのは、とても辛い。逃げ出したくなる。
苦しい思いまでして生きるのも可哀相な気がして来る。
だけど、ぽぽみんに生きたい!と言う気持ちがある限り、
病気に負けず、頑張って欲しい気持ちもある。
あ~もうさ、本当に切なくなっちゃうから、元気だった頃のぽぽみん
載せておこっと。
って、元気な頃のぽぽみんを見ると余計に切なくなるんだけどね
20100202-popo1.jpg

ひっくり返したお立ち台の上に乗っかって出せ出せアピール。
扉を開けてあげると・・・・・・・

20100202-popo2.jpg

んふふっ。嬉しそう

そして、
出て来るかと思いきや、そのまま、ケージの上を目指して・・・・・・・

20100202-popo3.jpg

ケージの上に乗っかっちゃった

ぽーたろーは、ぽぽみんの住まいがあるハムスターマンション
2階から1階まで、自分で登ったり降りたり出来るが、ぽぽみん
お転婆だったとは言え、それは、さすがに無理なので、落下する前に
捕獲され、安全な場所で、お散歩を楽しむぽぽみんなのだが・・・・・・・

ぽっぽみ~んっっ、もうお家に帰るよ~~~」との悪魔の声が

悪魔の声に対しぽぽみんは・・・・・・・

20100202-popo4.jpg

と、お散歩好きなぽぽみんはこう訴えるのであった。

またこんな風に遊べる日が来ると良いんだけど・・・・・・・
ちょっと厳しいかなぁ