with はむらび
ゴールデンハムスター『虎一』の日常♪時々、愛はむ以外のことも…
ぽぽみんの通院結果
自分への覚書として書いていたら、長文になってしまいました。
なので、興味の無い方は、スルーして下さいね




1月26日、ぽぽみん病院へ行って来ました。
ぽぽみんに異変を感じたのは、24日の晩。
とは言っても、ここんとこ寝てる時間が増えたり、うちは、ご飯を
多めにあげているのですが、普段なら食べなくても全て、巣箱へ
運ぶハズなのに数日前から、お皿にご飯が残っていたりと少なからず
変化はあったのだと思う。
だけど、見た感じでは元気だったので、身体に異常があるなんて
深くは思っていなかった。
だけど、24日の晩は、掃除の時間になっても、ご飯を用意しても
巣箱から出て来なかった。
普段なら真っ先に出て来るハズなのに・・・・・・・。
少し、強引だったもしれないけど、巣箱から出て来てもらったんだけど
なんか顔付きがいつもと違う。お外に出ても動こうとしない。
ご飯に口もつけない。
ひょっとしたら、まだ眠いのかな?なんて思ったけど、しばらく
ぽぽみんを見てたら少し鼓動が速かった。
その後もご飯に口をつける様子が無かったので、慌てて
ふやかしペレといちごゼリーを用意をしたら、少し食べてくれた。
食べてないのに、うんぴは、しっかりしたのをしているし
体重も大きな増減は無く、抱っこした限りだと腫れもないし
浮腫みも無さそう。
明日には、病院へ連れて行こうと思ったのですが、りょ~たろ~は
「病院連れて行っても薬だけ出されて長生きした試しがない。
もうゆっくりさせてやり」
と言われ、正直、私もそう思ってしまったとこが
あって、翌日25日は、病院へは連れて行かなかった。
その日の晩は、前日みたいに巣箱から出て来ないって事は
無かったのですが、やっぱり、脇腹の所を見ると鼓動が速い。
いつものように出せ出せコールされ、お外に出してあげたのだが・・・
[広告] VPS

ポジョラの時よりは、軽い感じだが、症状は似てる。
この日のぽぽみんは、前日とは違って、ご飯は食べ、遊びたい
気力はありそうだったので、少しだけ、ホッとしたけど、また明日には
。そして良くなったり悪くなったりの繰り返しだろうと思った。
やっぱり、このままに病院へ連れて行かないなんて出来ないと、
言うワケで、26日に病院へ行って来た。
病院へ行く前のぽぽみんは、あれれ?と思うくらい元気で、鼓動も
安定している。でも、そんなのって当てにならない
だから行くべきだ!

幸い、お世話になっている病院は、家から徒歩数分なので楽だ。
病院へ着いてからも、ぽぽみんは活発に動いているが
呼吸は安定してる。診察してもらってる時も超、元気でね
うちの子は、なぜか病院へ連れて行くと元気な姿を見せる。
先生は、場所が変わって興奮してるって言うけれど、本当は
私が大袈裟に言ってるんじゃないかと先生、思ってたり?
な~んて

触診では異常なし。歯も異常なし。
だが、心音は、少し速いとの事 やっぱしか。
で、レントゲンを撮ってもらう。
うちの子が診てもらってる先生は、ウサギ・ハムスター担当なのだが
レントゲンが出来上がった後、犬猫担当の先生2名まで集まって来て
先生3人にして深刻な顔して、ぽぽみんのレントゲンに見入ってる。
なになに? そんなに重い病気なの?私は、焦ったさ

レントゲンを見た結果、左心不全(さしんふぜん)だそうです。
左心臓が若干、大きくなっているとの事。
以前、ポジョラが肺炎を患う前に私が勝手に子宮蓄膿症かも?と
病院へ行った事があるのですが、その時、撮った健康体なポジョラの
レントゲンと現在のぽぽみんのレントゲンを見比べて
説明してくれたのですが、これが、一目瞭然
ド素人の私が見ても分かるくらい左心臓の一部が、三角に尖ってる
と、ゆ~か、盛り上がってると、ゆ~か、なんつーか、んん~
説明し難いんだけど、違ったワケですよ
私も家に帰って、ポジョラのレントゲンと見比べながら
りょ~たろ~に説明しようと、ぽぽみんのレントゲンをデジカメで
撮影させてもらおうと思ったのだが、デジカメ持ってくんの忘れた
ので、携帯で撮影したのだが、つなビィ用のサイズのまま
撮影しちゃったので、だはは 見ても分からへんっ

H22.1.26 ぽぽみんレントゲン写真 

↓赤丸の所が指摘された場所です。

赤丸の所
・・・・・って、これじゃ~わかんねぇ~

病気は発覚してしまいましたが、今の段階では、心臓肥大とまでは
行かないし、水が溜まってる事も無いそうなので、まだ、それが、
救いでした。

心臓が弱っている為、血液などの流れがうまく行かず、いきなり
ボォーっとしたり、呼吸が荒くなったりしてたらしい。
ま、人間と同じよね。

心臓の病気は、完治する事が無いので、今の状態を少しでも
良くする為に出された薬が効かないと、肺に水が溜まって来たり
心不全で急死する事もあるとの事。
なので先生は、極力、運動はさせない様にと、回し車も置かない方が
良い、遊んでて急死する事もあるので散歩もさせない方が
良いと言うのですが・・・・・うぅ 散歩好きなぽぽみんには酷だ
外に出たいとアピールする時には、遊ばせてあげたい。
だけど、そこで急死したら・・・・・?などと心の葛藤はあるけれど
ぽぽみんのやりたい様にさせてあげたい。
でも基本は、寂しいけど、寝太郎生活して欲しいな。

病院へ行った晩は、薬を飲んで巣箱に篭ってしまいましたが、
薬が効いたのか、真夜中には、ケージ内で遊んでいました。
ご飯も食べていました。

そして、昨日は、薬を飲ませる時に起きて来て、体重測った後
ご飯も食べずに(今朝、確認すると食べた形跡あり)ひたすら、
寝ていました。
巣箱の中で寝ているぽぽみんの呼吸は、安定していました。
ただね、ご飯の食べる量が減っている事は確か。
これで体重が減って来たら要注意だ。ってか、増えても水が
溜まって来てる可能性もあるので要注意だ。
どっちにしても、要注意なのだがね

年齢的には何が起きてもおかしくは無いけれど、
命絶えるまで、お薬が欠かせない体になってしまった事に
切なさを感じます。
でもその反面、この年齢だし、ごるぎゃるだしって、前々から覚悟?
みたいなのは出来ていたので、相当な気落ちはありません。
私は、ただやれる事をやってあげて、ぽぽみんが、苦しくない生活を
送れる様、願うのみです。