with はむらび
9/1 ぽー太は2歳9ヶ月27日のハム生に幕を閉じました。
ポジョラ異変
こちらを見て下さった方は、既に、御存知かとは思いますが
夕べ、ポジョラに異変がありました。
長文なので、ちゃんと読まない方読む必要が無い方
スルーして下さい。

いつもなら、掃除を始めると出て来てくれるポジョラなのですが
夕べは、なかなか巣箱から出て来なくてね。
前夜、あいくるりんの数字が、今までで一番、多く、ちょっと
走り過ぎて疲れちゃって、まだ、おネムなのかな?なんて
思ったりもしたんだけど・・・・・・・
しばらくして、巣箱から出て来たポジョラの動きが何かおかしい。
普段は、巣箱から出て来ると、スタスタ~っと、走って散歩に
出掛けるのだが、この時のポジョラ、見るからに歩く力が弱い。
スタスタ走りも見られない。
おかしいな~っと思いながらも体重を測ろうと抱っこしてみると
あれ?軽い。
体重を測ってみると155g。減ってる。
とは言っても、ここんとこ体重は減り気味だったのだが、更に減少。
この日は、ちっぽの日だったので、ナデナデしてみると、ちっぽは
上げてくれたのだが、やっぱり、何かが違う。
スタスタ走りはしないが、のそのそ歩いて散歩しようとするポジョラに
パワーをつけてもらおうと、スタミノールを差し出すが・・・・・・・

090313-pj01.jpg

えっ?普段なら、即、食い付くハズなのにぃ。
やっぱり、おかしい。

その後も、動きは、ゆっくりだけど部屋の中を歩くポジョラ。
だが、ほんのちょびっと歩くと、止まっちゃって・・・・・・・

090313-pj02.jpg

そこで私は、ある事に気付いた。

090313-pj03.jpg

ポジョラの鼓動が今まで見た事が無いくらい速かったのだ。
これは、まずい!と思い、ケージに帰して、ゆっくりしてもらおうと。
ケージに帰すと、用意されたご飯には見向きもせず、ケージ内を
ウロウロするポジョラ。
お皿をピョンっと、飛び超える力は、あるのだが、オロオロしてて
その時の姿は、自分の体の異変に自分でも、どうしたら良いのか
わからず、アタフタしているように見えた。
ポジョラお決まり行動ケージの出入口の所で、ぼぉーっとするのだが
この時も鼓動が速くて、私は、どうしたら良いのか、テンぱった。

090313-pj04.jpg

とにかく休んで欲しい。少し休めば、落ち着くかも。
でも、ご飯も食べて欲しいと、即席、ぐちゃペレを作ってみたが
「ぷいっ」とされてしまった。

そして、辛そうに巣箱に入ったポジョラ。
巣箱の中でも、鼓動の激しさが見てわかるくらいだった。

090313-pj05.jpg

あまり動かなくても良いようにと、ぐちゃペレを巣箱の前に置いとく。
次に見る時は、ぐちゃペレが減っていて、ポジョラがいつも通り
元気になっています様に。
と、りょ~たろ~が、そっとしておいてやりって言うもんだから
一旦、私は、ポジョラの元を離れたものの・・・・・・・
気になって気になって仕方なく、数分おきにポジョラの元へ
様子を見に行く始末。
ポジョラの元へ行ったり来たりを何度、繰り返しただろう。
ったく、迷惑なお世話係だよ(怒)なんて、ポジョラに思われたかな?
行ったり来たりを繰り返し、何度目かに、ポジョラが巣箱から
出て来ていた。
一瞬、やっほ♪元に戻ってくれたかも♪なんて思ったけれど
ご飯も食べてないし、鼓動はまだ激しくてね。
ケージの出入口を開けてるのに出て来ようとしないし・・・・・・・
私から隠れるように、ケージの隅っこへ行き歯軋りをしていた。

090313-pj06.jpg

相棒ブタさんの中に入ってもみるが、ドキドキしちゃって
動こうとしない。

090313-pj07.jpg

ブタさんから出ても、キッチンペーパーの下へ隠れるように
まるで、私に見られたくないとでも言ってるかのようだった。

090313-pj08.jpg

とにかく目を合わせてくれなかった。
手を差し伸べても見向きもしてくれなかった。

090313-pj09.jpg

鼓動が落ち着く事は無く、夜間の救急病院に連れて行こうと思ったが
ちょっと、ケージを動かしただけでも、ドキドキが激しくなってしまう
状況だったので、この状態で車に乗せて連れて行くのは、かなり
負担が掛かるだろうと思い、病院へ連れて行くのはやめました。
だけど、本当にそれで良いのか?と、迷いに迷っていたが
りょ~たろ~に、こんな状態で連れてく事は俺は、出来へん。
それでも連れて行くと言うなら、自分で連れて行き。
と、言われ、私は、そばに居ながらも何もしてあげられないが
見守る事にした。

090313-pj010.jpg

お耳は、ピーンとしてるのに、カラダの自由が利かないのだろう。

090313-pj011.jpg

ジィーっとしているのに、鼓動は荒く、だんだんと片目が閉じて行く。
しばらく、この位置で休んでいたポジョラ。

だけど、再び、動き出し、トイレに入ったり、ウロウロしたり
どこが一番、楽に休めるか探しているように見えた。
この後、巣箱に入った。
やっぱり、巣箱が一番、落ち着くのかな?

巣箱に入ったポジョラは、苦しいのか、お顔を出してウトウト。

090313-pj012.jpg

カラダは、激しい鼓動(呼吸)で揺れている。
ダメな私は、何もする事が出来ない。酸素缶すら無い。
ヒトが痛がってる姿とか苦しんでる姿からは、逃れたくなってしまう私。

だけど今、ココで私が目を離した隙に・・・・・・・などと考えると
逃げる事は出来ず。

苦しくて辛くて、眠ろうにも眠れないのだろう。

また巣箱から出て来て、ウロウロするポジョラ。

「おいで」と手を差し伸べても、ケージの隅っこへ行き・・・・・・・

090313-pj013.jpg

また私の顔は見てくれない。

090313-pj014.jpg

この後、写真を撮ったり、つなビィUPしてる余裕すら無くなった私。
ここまでが、pm21:00過ぎからpm23:00過ぎまで。

ぽぽみんとぽーたろーが騒いだり、クルクルで騒がしいので
ポジョラのケージを人間の寝室へ移動した。
巣箱から出て来た時、ぐちゃペレを口元に持って行くと、3口程だが
食べてくれた。
だけど食べる事にも体力を使うのか、また鼓動が激しくなる。
その後。巣箱に入ったままのポジョラ。
こんな事を考えてはいけないが、覚悟を決めた程。

深夜も携帯の明かりで、ポジョラの様子を数十分おきに見ていたが
巣箱から出て来る気配はなく。
お顔を出して寝てる事はなくなったが、逆に、お顔が見えないと
またまた気になって気になってね。
だからと言って、わざわざ巣箱を引っ張り出して様子を見るわけにも
行かず。ポジョラの体温で巣箱が温かいかを確認したりして。
巣箱から、ちょこっと出てるティッシュ布団が動くのを確認したり。
こんな事しても、ポジョラが楽になるわけでも無いのに
夜中の3:00過ぎまで、こんな感じだった私。

ハッと気付くと、am6:00!

ばかっ!寝てる場合ぢゃないぢゃん!!!

慌てて、ポジョラの様子を見ると・・・・・・・

わぁ☆ぐちゃペレ完食してるぅ~♪♪♪
きゃべつもお持ち帰りしたのかな?すっかり無くなってるぅ♪
だが、ペレットなどは、おきざりのまま(泣)

でもね、食べに起きて来たんだ。と思ったら嬉しくなってね。
これならきっと、ポジョラも大丈夫!と、巣箱の中をガン見していると
ティッシュ布団が動いたっっ!!!

ひとまず、朝を迎える事が出来、ホッとしてしまった私は二度寝。

再び、ハッと気付くと、am8:00前。

いつもようにホメオパシーをカシャカシャ鳴らすと・・・・・・・

090313-pj015.jpg

お鼻が見えて来た。

そして、お顔も見せてくれたよ♪

090313-pj016.jpg

少し、鼻色が悪いように思えたけど、ホメオパシーの後は
こちらでもUPした通り、お決まりおめざも貰って行きました。

だけど、まだまだ油断は出来ません。
こんな日に限って(特に今週は)忙しく、仕事サボれずで・・・・・・・
今も、ポジョラがどうしてるか心配ですが、私が帰るまで少しでも
楽に爆睡してくれていると良いのですが。
帰ってから、ポジョラを病院へ連れて行きます。
が、診断結果を聞くのが怖くて、本音を言うと行きたくない。
と、同時に、夕べは、ケージを動かしただけでも、心臓バクバク
してたポジョラなので、徒歩3分程の病院ではありますが、
連れて行くのも考えものです。
ポジョラの容態を見て連れて行こうと思ってます。

夕べの状況からすると、診断結果が何も無いって事は無いと思う。
と、なると、薬を出され、投薬の日々が待っている。
なるべくなら、投薬なしの生活を送らせてあげたかった。
ぽもりんと言い、ポジョラと言い、亡くなるまで投薬の日々に
なってしまうのだろうか?

って、まだ、
病院へ行って来たワケでは無いので、どうなるか定かですが。

とりあえず、私が帰ったら、
ポジョラ!可愛いお顔を見せてよね。馬面でも良いから見せてよね!



ひとつ前に今日、UPしようと昨日、保存していたポジョラ記事も
ありますので良かったら見て下さいね。