with はむらび
キャンベルハムスター『ポコ太』とゴールデンハムスター『虎一』の日常♪時々、愛はむ以外のことも…
食べてる時は男っぽい
びぇ~ん
ポジョラのイイ写真がなかなか撮れなくて困ってる私です
とにかく落ち着きがなく動きまくり、じっとしてない
ポジョラなので撮った写真は全てボツ
撮れる写真と言ったらウマウマ食べてるとこだけ
なので今日のポジョラは、ちょいと前のポジョラですが
見てやって下さい

野菜ミックスのいんげんを差し出すと・・・・・・・

070702-pj1.jpg

コレを手離したら、いつかのぽもりんみたいになっちゃいそうなので
私は、意地でも手離すワケにはいかない

だけど、ポジョラは、力ずくで奪おうとはせず
ぽきっ、ぽきっ、いんげんを噛み折ってモグモグ。

070702-pj2.jpg

「ポジョラ~可愛いお顔が歪んでまっせ~」

いんげんが短くなったとこで私の手の力も緩み・・・・・・・

070702-pj3.jpg

それ位の長さなら、ぽもりんみたいにならずに済むので大丈夫ね

奪いとったいんげんを速攻で詰め詰めし・・・・・・・

070702-pj4.jpg

「え?まだ何か欲しいのぉ?どうしようかなぁ~」

070702-pj5.jpg


[食べてる時は男っぽい]の続きを読む
6月29日pm10:30の侵入者 その8
そして本日、7月2日(月)

夕べもあの後、気になって何度もニャンコの様子を見てしまった。
相変わらず、テレビの上で寝ていた。

朝、起きて見てみるとニャンコの姿は無かった。
窓を開けても来る気配はなく、
あ~やっとか?やっと居なくなってくれたんだなと少しホッとした。

そして私達は、事務所へ向かった。
仕事を終え、私は早々に家路へと向かった。
別にニャンコが気になって…ぢゃないわよ

pm14:00、帰宅。

やはり気になるニャンコの存在。いなけりゃいないでホッとするのだが
いなけりゃいないで、ちょっと寂しかったりもする。矛盾してるな。

窓を開けて見てみるが、ニャンコは居ない。

ふと、お隣さんのベランダを仕切りの隙間から見てみたら・・・・・
今度は、お隣さんちの窓の前に置いてあるダンボール?の上で
寝ているニャンコを発見
どうやら、お隣さんもこのニャンコにゴハンをあげたらしい。
昨日も3階に住むガキんちょ2人が「猫にこれあげるんだ~」なんて
お菓子を持っていたし・・・・・。かなり有名になりつつあるニャンコ。
こんな風に皆して食べ物をあげてたら、
この建物から出て行かないだろうな。

まぁ、お隣さんちで可愛がってもらえるなら、それはそれで
私としては安心だ!(と、人になすりつける私(爆)

ニャンコは寝ている事だし私は見なかった事にして窓を閉めた。

閉めた直後、窓にうつる物陰・・・・・・・・

「にゃ~にゃ~」

あちゃ やっぱりこっちにも来てしまったか
私は見ないふり。気付かないふり。

鳴き声は、だんだん激しくなり、
ジャンプして窓に体当たりするニャンコ

りょ~たろ~が、帰って来たら、きっと昨日の残りの猫缶を
あげる事だろう。だけど私は・・・・・あげれない

あげたい気持ちは山々だけど、もう甘やかしてはダメだ

今もニャンコの鳴き声と戦ってる私。
6月29日pm10:30の侵入者 その7
そして昨日、7月1日(日)

ぐっすり寝た私達が目覚めたのは、pm12:00頃。

天気がそこそこ良いうちに空気の入れ換えだ!と、窓を開けると

んんんんん?何か物陰が視界に入った!なんだなんだ?

うちのベランダには、いらなくなったテレビが1台置いてあり
そのテレビに目を向けると、なんとそのテレビの上に
あのニャンコが寝てるじゃありませんか!(◎o◎;)

うちでゴハンを貰って少し体力がついてベランダも軽々、飛び越えて
来ちゃったのかもしれない

ニャンコに気付かれないうちに窓を閉めようとしたが気付かれた
「にゃ~にゃ~」始まっちゃったよ
ニャンコの鳴き声を聞きつけたりょ~たろ~は、これまた
嬉しそうに「そおか~帰って来たのかぁ~」
ニャンコの元へ近付き抱っこ。

んもぉ、これだからダメなんだよ

抱っこしてどこへ連れて行くのかと思ったら、玄関の方から外へ出し
私に「ツナ缶と水、持って来て」と。
「やだ。絶対にやだ。またココであげたら同じ繰り返しだって。
既にもう居ついちゃってるじゃん、どうすんのよっ

「いいから、持って来ぃーや」
意思の弱い私は渋々、ツナ缶と水を用意した。

そして、玄関の外でニャンコはお食事

i20070702-0001.jpg

ゴハンを食べるうちに、りょ~たろ~は家の中へ戻って来た。

あ~なんか疲れた
とにかく落ち着こうと一服していたら、ベランダの方から
ニャンコの鳴き声が。

あーあー。ほらね、もう覚えちゃったんだよ。
「にゃ~にゃ~」家に入れろ!とでも言ってるのか?

i20070702-0002.jpg

網戸を引っ掻く引っ掻く。
あっ、しまった!
このニャンコは、引き戸を自分で開けられるんだった!
とっとと窓も閉めなきゃ、また侵入されてしまう!

窓を閉めた後、鳴いてはいたが、鳴き声は思ったより早く止まった。
私もなんだかんだ言いながら、気になりニャンコの様子を
見てしまう。すると、ニャンコは、テレビの上で寝てた

i20070702-0003.jpg

その後、出掛ける用事があったので出掛けた。
[6月29日pm10:30の侵入者 その7]の続きを読む
6月29日pm10:30の侵入者 その6
またまたまた前記事の続きです。

事務所へ着いた後も実は、頭の中では、あのニャンコの事が
気になっていた私。
どうか、帰ってからニャンコがいません様に・・・・・と願った。

仕事を終え、家に到着したのはpm18:00。
車から降り玄関先を見ると・・・・・・・・・

あちゃちゃちゃちゃ。

ニャンコが座ってるじゃないの!

ココでまた行ったら鳴き付かれるだろうな~っと思い私は
Uターンして、りょ~たろ~に「ニャンコ居るよ」と告げると
りょ~たろ~は、にこっ♪として、スタスタと玄関に向かった。
(チッ、こいつ、やっぱりニャンコと一緒に居たいんだな)

だけど、ニャンコは、りょ~たろ~の姿を見るなり逃げ出した!

「ぶっひゃひゃひゃ。やっぱりね!猫ってそんなもんさ!
だから、これで良いんだよ!鳴き付かれるより冷たくされた方が
諦めもつくってもんよ!」
っと、行きと同じような事を言ってた私(笑)

だけど、ニャンコは遠くから私達の様子を見ていた。
玄関を開けて家に入ろうとした時、ニャンコがこっちへ走って来た。

やばいっっ!急いでドアを閉めた私。

外で鳴いてはいたけど、ココは我慢するしかない!
どれくらいかな?結構、鳴いたけど気付くと
鳴き声は聞こえなくなってて、諦めてどこかへ行ったんだな…と
その日は何事もなく終わった。

前日の睡眠不足もあり、この日は二人共、早めに寝に入った。

あ、ちなみにこの時の、はむずの様子は、いつも変わらずでしたよ。
あんなに巣箱に入って出て来なかったぽもりんも
1日、お散歩をさせてもらえなかったから激しく出せ出せコールをし
早めの時間帯からお散歩をさせてあげました。
ぽもりん…驚かせてごめんね
もぅ、ニャンコは居ないから安心してね
6月29日pm10:30の侵入者 その5
またまた前記事の続き。

このニャンコを 外へ帰さなきゃ!と、気持ちを新たに決意した私は
りょ~たろ~に「いい加減、このニャンコをどうするつもり?」
と、尋ねてみた。しかし、りょ~たろ~は無言のまま。
「飼えない事はわかってるよね。こんなにニャンコと遊んでると
別れるのがどんどん辛くなって行くんだから、今のうち
外へ帰した方が良いんじゃない?実際、帰すしかないんだし…」

と、言っても、りょ~たろ~は、無反応。

あーもう、頭に来たっヽ(`○´)/
勝手にしやがれ!と私は、その場を離れ、ふて寝。

すると、玄関を開ける音が聞こえたので、ほっときゃいいのに
私は、起きて玄関に向かった。

りょ~たろ~が、ニャンコを外へおびき出そうとしてた。

i20070702-001.jpg

ニャンコは、りょ~たろ~に釣られ外へ出て行くものの
りょ~たろ~が、家に戻ろうとすると、ニャンコも慌てて
部屋に戻って来てしまう。
抱っこしてベランダ側に連れて行っても結局、同じ。

そして、玄関から離れたところに、ニャンコを置いて
りょ~たろ~は、猛ダッシュで家の中へ駆け込んでドアを閉めた。

外では、ニャンコが「にゃ~にゃ~」鳴いてた。
でもココで、ドアを開けたらまた同じ。そのうち諦めて元の場所へ
帰るだろうと思ったのですが、鳴き声は激しくなるばかり。
玄関を引っ掻く音もして来て…。もぅ可哀相でたまらんかった。
耳をふさいで私は、冷たいけど寝に入ろうとした。

だけど、りょ~たろ~は、そうは行かなかったのだろう。
結局、玄関を開けニャンコを再び、家の中へ入れてしまった。

「も~どうすんのよ!?」
「今晩だけ泊めたろ」
「ばっかぢゃない!トイレとかはどうすんのよっ!?
一度、泊めたりなんかしたら居つくじゃんか!」

「今晩だけ!」
お前は、聞き分けのないガキんちょかよっ!

まぁ、ここまで言っても私の言う事なんて利かない事はわかってた。
私は、はむずを人間の寝室に移動させ、寝室には絶対、ニャンコを
入れない!絶対、今夜だけ!家の中でチッコ・うんぴしたら
片付けるのは自分!って事を約束して、あとは知らん振りしてた。

りょ~たろ~は、でっかい洗面器に新聞紙とティッシュペーパーを
敷き即席トイレを作った。んで、ニャンコを寝かしつけたつもりなのか?
「もう寝たから俺も寝る」と部屋中の電気を消した。
[6月29日pm10:30の侵入者 その5]の続きを読む
6月29日pm10:30の侵入者 その4
前記事の続き。

ニャンコが、ジィーっと見つめていた何かとは・・・・・
うさぎのポッポちゃんの事でした。
ポッポちゃんは、ニャンコを目にしてから足ダン☆しまくり。
見た事が無い侵入者にかなりご立腹。(ビビってる?)
ニャンコの方もポッポちゃんの事が怖いみたいなんだけど
気になるらしく、ずっと見つめていた。
[広告] VPS

そしたらさ、出たよ、出た出た。
りょ~たろ~の「みんな、おともだちんこ♪」が。
ポッポちゃんのケージの出入口を開けてしまった。
まぁ、ポッポちゃんも怒ってる(ビビってる)から出て来ないと
思ったんだけど、これが、出て来ちゃったのよ。
ウマウマを貰いにポッポちゃん、ニャンコが、りょ~たろ~に近付く。

i20070702-01.jpg

結構、ポッポちゃんは強気!

i20070702-02.jpg

ニャンコの方が弱気と言うか、
ポッポちゃんに遠慮してるみたいだった。控えめなニャンコなのね。
その後、ニャンコは、その場を離れ、私の後ろに隠れてた。

i20070702-03.jpg
[6月29日pm10:30の侵入者 その4]の続きを読む
6月29日pm10:30の侵入者 その3
ニャンコが侵入した事で何より1番、心配だったのが
我が家のはむずの事。
猫と言えば、ネズミを食う!って、私は思ってたし…
現に子供の頃、野良猫がドブネズミを口に咥えてるとこを
見た事があったし…

だから私は、ニャンコが、はむずが居る場所へ入って来た時は
ケージの前に立ったまま、ニャンコが、はむずに
近付かないようにしていたのだが・・・・・・・
りょ~たろ~は違う。
「この猫は賢い子やし優しい子やから悪さは、せぇ~へんで」
と、はむずに接近させ、こんな状態↓

i20070701-01.gif

確かに、りょ~たろ~が言うとおり、ニャンコは
おとなしく、はむずを見ているだけで手出ししない。

i20070701-02.jpg

だけど私は信用出来ん!
そんな今日、出会ったばかりのニャンコを信用出来るか!つーの!

だけどその反面、ニャンコを見てると本当にこの子は
優しい子なのかもしれないと思ったり・・・・・・・

i20070701-03.jpg

「いいえ。はむずの方が可愛いですけどぉ」

i20070701-04.jpg

りょ~たろ~が、はむずから離れた後も、ニャンコは
はむずに悪さをする事なく。

前にテレビで飼い猫とジャンガリアンハムスターが
仲良く戯れてる光景を見た事があるんだけど
全ての猫が、ネズミに悪さをするワケでは無いんだなと思った。
猫にも性格があるしね。
このニャンコは幸い、性格が良い子だったのかもしれない。

i20070701-05.jpg

この時のはむずの反応は、ポコとポジョラは、いつもと
変わらず、ケージの中で、わしゃわしゃと遊んでいた。
だが、ぽもりんだけは違ってた。
ニャンコが現れるまで、いつものように激しく出せ出せコール
していたのだが、ニャンコの鳴き声を聞いた途端、固まって
びくびくしていたのだ。そして、そのまま巣箱に入ってしまい
その後、巣箱から出て来る事は無かったのだ。
野生の感が働いたのかっ?
こんな状況を目にしてしまった私は、やっぱり早くニャンコを
外へ帰してあげないと思っていたのだが・・・・・・・

りょ~たろ~は、未だ動こうとせず。

i20070701-06.jpg

ニャンコは、りょ~たろ~の横で何かをジィーっと
見つめたまま。その何かとは・・・・・・・・・・

また後程。
ちなみにこの時の時刻はam2:00過ぎ。